React Nativeで低コスト、短期間で
高品質なiOS+Androidアプリを開発

React Nativeとは?

React Native(リアクト・ネイテイヴ)は、META社(旧Facebook社)が作成したオープンソースのモバイルアプリケーションフレームワークです。

React Nativeの3つのメリット

2分の1のコストでiOS+Androidアプリを開発・保守できる

共通のソースコードでiOSアプリとAndroidアプリを同時に開発する事ができるため、コストを半分に抑えることが可能です。

ホットリロード機能により開発期間を短縮できる

ホットリロードとは、コードの修正内容を即座にUIに反映する機能のことです。JavaSwiftでは修正内容を反映するためにはコンパイルが必要になりますが、React Nativeではホットリロード機能を搭載しているため、コンパイルすることなくスムーズに修正と確認を行うことができ、開発速度が飛躍的に向上します。

React Nativeのデメリット

高度なグラフィックのスマホゲームなどの開発には向いておらず、弊社も対象外とさせて頂いております。

ネイティブソリューションではないため、アプリケーションの速度が低下する可能性があります。しかし、アクションゲームを備えたアプリなど、高いダイナミズムを必要とするアプリケーションでのみ明らかになる可能性があるという程度で、通常のアプリでは体感する事が不可能な程度の誤差となります。

React Nativeを採用しているサービス

<国外>

  • Facebook
  • Instagram
  • Uber Eats
  • Tesla
  • Shopify
  • Salesforce
  • Skype
  • Pinterest

<国内>

  • メルカリ
  • 出前館
  • menu
  • NAVITIME
  • アングラーズ
  • air Closet
  • togetter

iOS/Androidの両方のリリースをオススメする理由

スマートフォンのほとんどのシェアをiPhoneが占めていたかつてとは異なり、現在はAndroidの比率がiPhoneを超えております。

数年前までは、コストを抑えてサービスをリリースする際はまずはiOSを先にローンチし、市場の反応をみてからAndroidをローンチする方法が主流でした。しかしAndroidの比率が高まり、ほぼ50:50の比率になっている現状では、どちらかのOSのみでサービスをスタートする事は、サービスの失敗リスクを高める要因となり得ます。

たとえば、コミュニケーション機能がある場合、知人の半数が使えないということでは、サービスとして成立しません。
また、片方のOSのリリースだけだと、切り捨てられたOSのユーザーからの不満がでたり、サービスの本気度が伝わらない(妥協し、コストを抑えてリリースしているというマイナス印象)というデメリットも発生します。
そのためサービスの成功確率を上げる上では、両OSでのリリースは必須であると考えております。

弊社の強み

React Nativeに特化したアプリ開発チーム

React Nativeの可能性を追求し、React Nativeでのアプリ開発に特化したチームで対応いたします。React Nativeを日々扱っているからこそ実現可能な、我々ならではの技術・知識を駆使し、お客様のご要望を満たすソリューションを提供いたします。

ウェブとの親和性が高いアプリを実現

React Native はウェブ開発で利用される JavaScript ベースに開発されたフレームワークのため、ウェブとの親和性も高く、弊社のウェブ開発チームとアプリ開発チームによる煩雑になりがちなウェブ通信周りやアプリとウェブの棲み分けを効率的に判断した開発も提供可能です。

自社サービスの運営実績

自社でReact Nativeで開発した自社サービスのアプリの運営をしている実績もあり、アプリ開発だけでなく、要件定義からサービス企画・運用・CSまで、一貫したサポートを提供いたします。

自社運営サービス

一般の乗用車をPRに活用するプラットフォーム。ドライバー登録者13,000人。
映画やアニメ、ゲーム、アーティスト、スポーツチーム、自動車関連企業、ITサービスなど様々な企業の案件実績あり。

開発期間:4ヶ月
開発人員:3
開発コスト:約600万円
サービス運営期間:1
アプリアップデート回数:12

お問合せ・依頼フォーム